Boad Walk Homeへ
Home About us 商品説明 School Crew SPOT情報 BBS お問い合わせ
SURF
WET
SKATE
WEAR
SHOE
SKATE/スケートボード
Home > 商品説明 > SKATE

スケートボードには大きく分けてDECK(板)TRUCK(芯)WHEEL(タイヤ)
そしてBEARING(タイヤの中に入れる物)この4つのパーツに分かれます。
この各パーツにはサイズ、特長がありこの4つを組合す事により多種多様な特長を持たす事が可能です。難しい事は考えずグラフィック(柄)やカラーでチョイスするのも大切な要因です!


【DECK/板】
ロングスケートボード
元々はサーフボードの陸上トレーニング用として誕生した物。
最近は新開発された【スラスターシステム】を搭載したロングスケートボードが大人気!
この板では<飛ぶ><回す>という動きよりもスラローム(蛇行)運動によりより美しいマニューバー(ライン)を描くのに適しています。


ショートスケートボード

皆様が想像するスケートボードはこっちの方が多いかな?
この板では<飛ぶ><回す>というよりトリッキーな滑りが出来ます。
この板では単純に太い板は安定し、細い板は回転すると考えて間違い無いでしょう。
目安として今主流の幅が7.5inc(約19cm)長さは30inc(約75cm)位ですね。

【TRUCK/芯】
WHEEL(タイヤ)を支える芯部分。
これにも幅や高さがありWHEELのサイズにもよりますが、幅が狭い物は回転に優れ広い物は安定すると考えて良いでしょう。
目安として今主流のサイズは幅13.6cm〜14.0cm高さ10cm〜12cmとされています。

ここで紹介するのはボードウォークオススメのINDEPENDENT TRUCKガルウィング社、トラッカー社の次に歴史のあるブランドで2003年中頃から新サイズが発表され今迄の「重い?」と言うイメージも一新。 耐久性にも優れ、鋭利なターン軽い跳ねが特長です。



【WHEEL&BEARING/タイヤ関係】

WHEELの中にBEARINGをはめて使用する事で初めて走行可能になるペアな奴達。
WHEELにはサイズと幅があり、大きいサイズは速くなります。
幅が広い物は安定し狭い物は回転性がUPします。
BEARINGには“ABEC”と言う速さを表す単位があり、単純に数値が上がるにつれ速くなると考えて良いでしょう。
このABECには1~7、表記無しの《それ以上速い》と分かれています。
目安としてWHEELは52mm〜53mmが流行しています。
BEARINGは好み、予算で決めて下さい!



ページの先頭へ
Internet Explorer6.0x以上でご覧になることを推奨します。プライバシーについて
このサイトはリンクフリーです。 このサイトの画像、文章、音声データ全ての無断転載を禁止します。
Copyright(C)2001-2004 Board-Walk Sports All rights reserved.