Boad Walk Homeへ
Home About us 商品説明 School Crew SPOT情報 Blog お問い合わせ
料金について/注意事項
定員について
お申し込み/お問い合わせ
School
Home > School


ボードウォークでは毎週火、日にサーフボードスクールを行っております。

「一人では心細い…」「どこに行けば良いのか分からない…」もちろん「運転がジャマ臭い」 でもオッケー!ジャンジャン活用して下さい。 当店のサーフチーム員があなたをナビゲートします!

年に1〜2回【BOARD WALK USER CUP】と称し、お客様を中心にほのぼの大会も開催しています。
スクールでスキルアップして大会で上位を狙うってのも楽しみ方の一つですね!



京都本店、PLUS店で発売中です。
是非、この機会にマイボード&ウェットを激安でゲットしてください!

 
 
どんな感じでスクールって行ってるの…?
と思っておられる方々に今回は3人の生徒さんの協力をお願いし、体験記を製作してみました。
どうぞ参考にしてみて下さい!
AM3:00 image
まだ寒さ残る春先の日曜早朝、三重県でサーフ可能との情報をキャッチ! スクールへ出発です。今回の先生は脳まで筋肉で出来てるけど、一応気は使えるボードウォークサーフチーム員宮下君の引率で旅はスタートしました。お店の前で今回の生徒さんの松本さん、岡田さんと合流。 途中、今回唯一の女性サーファー宮崎さんとも合流。一路三重へ。
AM5:30
日も昇り、三重の伊勢神宮前を通過。
写真では分かりにくいですが、伊勢の名産“赤福餅”のお店の前ですね。
京都は地理上、日本海側、太平洋側(今回は太平洋側)どちらの海も到着まで時間がかかりますが、この移動時間こそサーフ談義に華を咲かしたり、その土地の名産を食べたり極上の風景に出会えたり、音楽や映像を吸収してイメトレしたり、モチロン爆睡したりとプチトリップ感を楽しめる有意義な時間で楽しいもんですよ。
AM7:00
今回のポイント伊勢国府の浜三角ポイントに到着。
はやる気持ちを抑え、朝の潮風に身を引き締められサーフボードのセッティング作業にかかります。比較的暖かい日でしたが水温はまだ低いのでウエットスーツで防寒します。
AM7:15
まずは波チェック。「腹〜胸のサイズ。セットはワイドに割れるがミドルサイズの波の切れ目から乗ればショートライド可能」と20年近くで培った言語表現をフルに使ってチーム員の宮下君が現場の波状況を教えてくれました。 要は「サーフィン出来る!」って事。
AM7:30
準備体操を行い、基本的なサーフィンの動作を宮下先生がこれまた筋肉だらけの脳をフル回転させ分かり易く指導。
AM8:00
サーフィンビギナーの女の子を中心にまずは波の捉え方、そして何より波の力でボードの上に乗って進むと言う楽しさをここぞとばかりに筋肉を使って宮下君が指導しています。
生徒さんは楽しく、宮下君は最も筋肉が張る喜びに…。
メインのイベントに夢中でアッと言う間に夕方になってしまいます。
PM16:00
もうヘトヘトまで海で練習し、一路地元京都へと…。
爆睡してるのは岡田さん。誰よりも練習熱心な彼は睡眠もマジです。 帰りの車内は男同士ならダメ出し会が始まり、悔しさのあまり次のスクール参加をすでに帰りに申しこむ熱い方が多いです。
PM20:00
京都に到着。
もう疲れて口数も少ない3人のお客さんを尻目にポテチ片手に怪奇な行動&発言を一人で繰り返す宮下君へのあいそ笑いをも忘れ、みんな家路に着きます。
明日からは学校に会社にと現実の世界。頭の中はサ〇エさんのエンディングテーマがループする状態。けど、サーフィンがあるからメランコリニティックな月曜も快調にスタート出来る! そして次の日には天気予報をチェックしてる生徒さん方…。次へのスクールへの準備はもう始まってるのかも…。
 
お申し込みはこちら!
 
ページの先頭へ
Internet Explorer6.0x以上でご覧になることを推奨します。プライバシーについて
このサイトはリンクフリーです。 このサイトの画像、文章、音声データ全ての無断転載を禁止します。
Copyright(C)2001-2004 Board-Walk Sports All rights reserved.